C'est la vie

美容ズカイストです。主に化粧品成分の分析、図解をします。ファッション、メイクの図解も。

文章をスラスラ書けるようになりたい方へ

こんにちは。

駆け出しライターのAtsukoです。

今日は文章作成に苦手意識がある人におすすめの本を紹介したいと思います。

 

わたしたちは文章の書き方を習ったことがない

 ライターになって、

「いい文章」「読者が読みたい文章」とはどんなものだろう?

と考えることがあります。

 

ふと、思い出してみたんです。

 

そもそも、わたしは文章の書き方を教わったことがあるのだろうか、と。

 

 

教わった記憶がない!!!

 

 

「日本人なのだから、日本語で文章が書けるのは当たり前。」

 

という認識のもと、何も教えられずにひたすら作文を書かされた学生時代・・・

 

今考えてもかなり地獄の時間でした。

 

幸い、わたしは文章の作り方を学ぶ機会があったのですが、

その機会がないまま大人になった方も多いのでは?

 

そんな文章を書くことに苦手意識がある方におすすめの本を見つけました。

 

文章の書き方を基礎の基礎から教えてくれる!

ぜひおすすめしたい本が「新しい文章力の教室」(著:唐木元)です。

コミックナタリー初代編集長の唐木さんの著書です。

 

毎月3000本以上の記事を配信するニュースサイト、ナタリー。

しかし、記者の多くはライター実績のない未経験者だったようです。

著者によるトレーニング(通称「唐木ゼミ」)によって、

1日に15本もの記事を書けるようになったと言います。

 

 ライター実績のないナタリーの新入社員の悩みは、

 

言いたいことはあるのにうまく伝えられない。

どこから書き始めればいいのかわからない。

言い回しに悩んでなかなか書き終わらない。

 

このような悩みを持っている方、多いのではないでしょうか。

 

文章を書く前の下準備が大切!

文章を書く前に構成をまずメモ書きして、

構成が整ったら文章を書き始める。

 

これを実践している方、なかなかいらっしゃらないような気がします。

 

この本で著者は、まず「構成シート」を作るのがよい、と言っています。

骨組みを作り上げてから、肉付けをしていくのです。

 

その過程を詳しく具体例を挙げながら説明してくれています。

 

文章ができたら次は磨いてみる!

構成シートをもとに文章を書いたら次に行う作業は「推敲(すいこう)」です。

推敲とは、文章をよりよくするために何度も考えて練り直すこと。

 

その推敲のポイントを細かくテーマをしぼって教えてくれます。

 

しかも、ナタリー特有の音楽ネタ、漫画ネタなどの具体例を混ぜながらの解説で、

とても楽しみながら読むことができます。

 

文章力をつけたい方全員に読んでもらいたい!

この本を読んでいると、目からうろこがボロボロ落ち、

思わず本に線を引きながら夢中で読んでしまいました。

 

学校では習ってこなかった、文章の書き方。

手とり足とりで丁寧にわかりやすく教えてくれます。

まるで唐木ゼミでトレーニングを受けているよう!

 

文章でお悩みの方はぜひ手に取ってみてください。

kindle版もあります。

 

では、今日はここらへんで。

Bonne journée